賃貸に住むときは自分の自由と他人の自由を考える

賃貸住宅での高齢者の介護の時のバリアフリーの重要性などを、幾つかの体験から、簡単に書いてみました。

賃貸に住むときは自分の自由と他人の自由を考える

賃貸住宅と高齢者の介護

賃貸住宅は、自分の住まいではないので、改修などができないのが普通です。高齢者がいるということで、急な階段などをつけるということは、してくれますが、それ以上のことはなかなかしてくれません。次に住む人が高齢者とは限らないからです。それで、その環境に高齢者の方を、あわせていかなければならなくなりますが、またそれが大変になります。まず、車椅子になると、日本の住まいは、非常に不便です。欧米のように床を土足で移動できれば、車椅子も楽ですが、狭い上に畳では、車椅子を家の中で動かすことも大変です。また汚れのこともあります。床だとまだ楽ですが、それでも外から、そのままというわけにもいきません。住んでいる住まいを車椅子での移動で考えてみるとわかります。

ほとんど使えないということになります。そうなると歩けるうちは、いいのですが、歩けなくなると移動が非常に大変になります。そのような意味でも高齢化する将来の住まいは、バリアフリーで考えていかないと、生活が非常に不便になります。最低でも車椅子が出来るだけ使える住まいに、建てる時に考えておかないと、高齢者が住むには難しくなります。今の建物は殆どが、若い人や中年までの人の行動を基準に、建てられているように思います。自分たちが高齢化した時の事を考えて住むということも大切です。