賃貸に住むときは自分の自由と他人の自由を考える

賃貸物件を探して、引っ越す時のバスルームと寝室などの癒しの関係の空間のことをいくつか書いてみました。

賃貸に住むときは自分の自由と他人の自由を考える

賃貸住宅とバスルームと寝室

賃貸物件を探して引っ越しをする場合には、家賃等や住環境なども重要ですが、家族が癒やされる空間かどうかも、重要で、経済的な状況とともに、精神的な状況の配慮も大切ではないかと思います。特にその点では、寝室とバスルームは重要なポイントで、特にバスルームに拘る人が多いというのもうなずける話です。疲れて会社などから帰ってきた時に、まずはシャワーや入浴をしますが、そのような時には、とても気分がリフレッシュします。特に日本人には、昔から水には縁が深かったので、癒やされるという感覚が、あるのではないかと思います。

穢れを清めるとか、行水をして身を清めるとかの習慣もありました。みぞぎなどという言葉も残っています。また温泉などの習慣も昔からありますので、やはり精神的な健康管理の中心はバスルームにあるのではないかとも思います。その他に住まいの空間では、寝室も重要で、寝室に入り、どんよりするような状態では、疲れも取れません。やはり寝室も、その部屋にはいるだけで、清まるような状態でないと、なかなか落ち着いて、休むことが出来ないとなります。寝るということが楽しめる寝室が必要ではないかと思います。癒やしということから考えてみるのも良いと思います。