賃貸に住むときは自分の自由と他人の自由を考える

気に入った賃貸物件、間取り図の見方がわかると楽しみも増します。ワンルームの間取り図を見てみます。

賃貸に住むときは自分の自由と他人の自由を考える

賃貸の間取りの見方を知る

賃貸の間取りを見てみると、新しい住まいへのイメージも湧いて、楽しめるかもしれません。間取り図の見方がわかると、何かと便利です。では、ひとり暮らしであれば、間取りはどのくらいが必要なのでしょうか。例えばワンルーム、ひとり暮らしにもいいサイズです。キッチンと居間がひとつのゾーンに収まっているタイプです。途中には、ドアという仕切りもありません。料理好きな場合は、キッチンの匂いが気になるかもしれません。ただキッチンと居間が一緒だと、狭いスペースの中ですべてが完結するので、楽といえば楽なのです。水場もすぐそこですから、オープンスペースに開放感を感じるかもしれません。

ワンルームに多いのは、トイレとお風呂、洗面が同じスペースにある、ユニットタイプです。間取り図にUBと書いてあったら、ユニットバスのことです。玄関もコンパクトであることが多く、間取りの玄関部分がスッキリしているようであれば、シューズボックスがないことも考えられます。不動産屋に問い合わせるか、現地の見学の際に忘れず確認するなどしましょう。洗濯機置場があるかもチェックします。間取り図に「洗」という文字があればわかりやすいです。しかしこれも、現地見学で確認したい部分です。賃貸の間取りの見方を知っておくと、住まい探しにも楽しさが増します。